kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3702号  2018年(平成30年)5月25日 金曜日


● 全協で町が説明 膜ろ過法 無機膜が効率的 処理方式・コスト比較 大川浄水場改修計画
    概算工事費 約7億円 20年度着工めざす
    耐震管への更新全配水管の26%

● 八丈、青ヶ島 噴火警戒レベル導入 都 6火山防災協議会

● 福祉3計画 アンケートから見えてくるもの
    障がい者の就労希望『仕事したい』51% B障がい者福祉計画
      「災害時 一人で避難できる」45%
      差別や偏見 今も存在
● 安心して集える居場所に 地域活動支援センター「よけごん」開所
 
● EV普及事業 都 報告書公表 燃料費大幅節減もまだ高い車両価格 トータルコスト 比較すると…
    18年度EV実証実験モニター20者公表
    EVモーターショー 8月25、26日 知事も来島
● 八丈島の自然素材で奏でる音 パーカッショニスト・テリエさんの演奏会 石、砂、竹、サンゴ…
● 織りと織協の支援に 3人目の協力隊 峯尾明日香さん

● 新会長に間仁田聡氏 商工会総代会 世代交代へ
● 追い風受け事業展開 八丈島観光協会総会
● 劇団かぶつ島巡演 青ヶ島と三宅島で
● フランス人ボーイスカウト 八丈で1日キャンプ
● 華やかに夢舞台 八丈名流祭
● 寿野球 ブロックV
● 優良営業施設表彰 八丈島食品衛生協会
● 南海俳壇 八丈俳句会(五月例会)
   
● たんしん
    八丈町消防団夏季訓練が、坂下=2日・富士中で、坂上=3日・末吉運動場で、両日とも9時から
    第30回文庫まつり「子どもたちの笑顔がもっとみたい!」が2日10時から保健福祉センターで

    龍生派いけばな展が2〜3日、10時〜17時、町ホールで
    クリーンデーは3日
    小原流八丈支部花展が、9、10両日、9時〜17時、町民ギャラリーで
    福祉まつりが10日、町役場で

    

 


 


華やかに夢舞台 八丈名流祭


 長唄「女伊達」(檜之哉、花柳寿太一郎、藤間達也)


 長唄「汐汲」(野田美穂子)


 長唄「鷺娘」(浅沼花寿美)。ふるさと観光大使の花柳歌七郎さんが、後見として舞台上で全体に目配りした



 芸能の祭典「八丈名流祭」が20日、町ホールで開かれた。主催は東京新聞などで構成する八丈名流祭連携協議会。毎秋、東京・浅草公会堂で開かれる新舞踊と大正琴の祭典「名流祭」。今回は公益財団法人東京観光財団の地域資源発掘型実証プログラム事業の一環で、初めて浅草を離れての開催となった。
 午前中は檜流八丈檜会が中心になった日本舞踊の古典。長唄、大和楽、清元と、いずれも華やかな衣装をまとい、白化粧、かつらを決めての熱演が続いた。初めて島に持ち込まれた17枚の所作台、巨大な背景幕や囲いなど、本格的な舞台装置にも目を奪われた。
 錦正流の大正琴の演奏で始まった午後の部は新舞踊の番組編成。芽桜流、若柳流、華雅流、新玉流、瑞穂流など、新舞踊各流派の家元、会主、宗家による踊りや歌がたっぷりと披露された。
 島外からは、出演者35人とほぼ同数のスタッフが来島。大道具、小道具、照明、音響、狂言方と、いずれもプロの仕事が飽きさせない舞台を引き立てた。
 舞踊批評家協会員の真壁聖一さんは「八丈の方の舞台が見事でした。こうした古典の大作にチャレンジすることで、踊りはもっと上達します。観客も日本舞踊の楽しさを感じてくれたようです」と語っていた。