kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3696号  2018年(平成30年)2月23日 金曜日


● フリージアまつり 委託生産体制へ転換 山下町長 継続への方向性示す
    町予算2500万円

● 視点 フリージア産地 再生困難 イベント 代替案もなく…
● 古民家移築してふるさと村再生 知事に協力要請
● 関東東海花の展覧会 秋篠宮さま 八丈の観葉などご覧に      

● 都民ファ島しょ振興政策研究会 都議12人 八丈視察
    山下町長が支援要望 ふるさと村復旧 歴民資料館整備
● 都総合交付金550億円 前年度比10%増
● 都、EV車貸与継続 2期に分け20社に
    「EV車普及」は八丈島に何をもたらすのか…
● 公民館は地域活動の要 使い勝手悪くしないで 樫立自治会住民総会
● 「還付金詐欺に注意を」 岡本勲 新署長着任
● 南海俳壇 八丈俳句会(二月例会)

● やまゆり園事件から見えるもの 明治学院大名誉教授◎中野敏子さん
    その人らしく生きるのを認め合って暮らす社会に ちょんこめVG主催の講演会
● 小島集団離島50周年を前に D
    干ばつ時は八丈から水を運んだ

● ANAふるさと納税収支 寄付240万円で実収入82万円
● 「翼の王国」で 八丈のレモン紹介

● 公民館有料化先送り保福センターも 
● 関東東海 花の展覧会 八丈島産 金3 銀9 銅12
● 青少年読書感想文 全国コンで入選 山下真緒さん
● やよいさんの新刊
● 文フェス 次は30周年 舞台演出も年々レベルアップ
● P連作品展 ことりのき
    
● たんしん
    八丈島地熱事業連絡会が23日19時から、中之郷公民館で
    第40回八丈島駅伝大会が25日13時30分、八高前スタート

    講演会「発光生物の謎〜生きもの達はなぜ光るのか」が3日、19時30分〜21時、ビジターセンターで
    富士中展示会が3月3、4両日、大賀郷中の学習発表会が4日、各校で
    島しょ農水センター(農業)の研究成果発表会が12日13時30分から、農林合同庁舎会議室で
    「ハワイと南の島々展」が5月27日まで、東洋文庫ミュージアムで
    


           


 


都、EV車貸与継続
2期に分け20社に



 昨年9月から、都の実証実験でEV車を使用する大賀郷ケンチャ・ルマの日比野行雄さんは、「1回3時間ほどの充電で約150キロ走れます。静かでスムーズな走りで町乗り用として不便は感じませんでした」と話す。

充電は雨の中でも可能だという



 都では、昨年9月末から八丈島で行っている電気自動車(EV車)の無償貸出による実証実験を、新年度も継続する。
 4〜6月と7〜9月の2期間に分けて実施する計画で、今月5日には、支庁で応募説明会が開かれた。対象は八丈島に所在する事業者(今年度対象となった宿泊業は除外)で、各期間10事業者に貸し出しを行う。モニターは、走行データの収集、アンケートやヒアリングに協力する。
 都によると締切の16日までに30件を超える申し込みがあったという。

 


    

 ×


 

「EV車普及」は八丈島に何をもたらすのか…


 実証実験の継続へ向けて、都は昨年、八丈島の486事業者(宿泊業を除く)を対象にアンケートを行い151件(回収率31.1%)の回答を得た。
 自由記述の欄には、「大変興味がある。実証実験に参加したい」「反対はできないが、スタンド業にとっては大変困る」「八丈島が先進地として注目されることを願う」「塩害がひどいので耐用年数が不安」「島のように小さなエリアでは最適」「電気自動車のために新たな原発が必要になるなら普及しなくても良い」「電気自動車が増えると島の雇用が減るので賛同できない」などの意見(要約)があった。
 自動車業界は「100年に1度の大変革期」と言われ、世界中でEVへのシフトが加速しており、どこに暮らしていても、この流れには逆らえない。
 一方で、EV車の普及は、島の社会構造に大きな変化をもたらす。クリーンアイランド構想を掲げる八丈町が、地熱発電利用を軸に、どのような施策を進めていくのか、注目される。