kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3679号  2017年(平成29年)6月16日 金曜日


● 島部選挙区 自、都、共の争い  都議選告示まで1週間
    各党議席数と立候補予定者数
● 地域おこし協力隊着任
    海と山に近い離島で  観光協会支援 出浦佳那子さん
    日常の暮らしこそ冒険  廃校舎活用 今井修之さん
● 支庁展示ホールがベスト 歴民移転整備検討委 一時移転先選定
    旧測候所は除外
   
● 機能する人材育成研修 織り手 各地域に 黄八丈織協総会
    組合員の地域・年齢別構成
    研修4カ月で初納品 三根・石田幸月さん
● 鳥 見ごろ
    島しょ部で初めて鳥類繁殖分布調査
    海外からのバードウォッチツアーも

● 国際シンポで フランス人研究者 ビュテルさんが講演
    地誌のエクリチュール―『八丈実記』―   「明治の教育政策が現代も機能」
      検証進まないのは
    江戸中が震撼…富蔵の殺人事件 『藤岡屋日記』に記録されていた
      被害者は「もとの土地所有者で富士講の信徒」── 実記には「博徒上がりのごろつき」
    事件は小説にも 『ヨフトホヘル』
● 声を出して楽しく過ごす !

● 島で生きる喜び 歌に込め ベネズエラの音楽も 八丈浪漫音楽祭
● 5月の来島者増加 
● 手作りおもちゃで
● 高知県 大川村 村民総会 正式検討へ 先例は八丈小島 旧宇津木村で

● たんしん 
    写真展「人権という希望 11人の写真家がいま、伝えたいこと」第2期展示 7月1日まで都人権プラザで            
    JRA東京競馬場17日、八丈島特別を実施。正門付近特別ブースで八丈物産展も開催
    八丈島寄席 18日、町ホールで
    よりよい町立図書館づくりをすすめる会17年度総会 24日、商工会研修室で
    あびの実ナイトハイク 24日、七島信用組合駐車場集合
    八丈島テニスクラブ春季テニス大会結果
    第10回三宅島・八丈島交流バドミントン大会結果
   



島で生きる喜び 歌に込め ベネズエラの音楽も
八丈浪漫音楽祭

フィナーレは三原小保護者らの「歌おう会」、そして島外からの参加者も加わり、島で生きる喜びと浪漫を表現した「われは海の子」(上田真樹さん編曲)の大合唱



モーリス・レイナさん(クアトロ)、牧野翔さん(マラカス)、吉澤陽子さん(ハープ)らの演奏とえりかさんの歌で、心地よく響くベネズエラの民族音楽も紹介された


 

 ベネズエラ大使夫人で声楽家のコロンえりかさんを迎えて28日、「八丈島浪漫音楽祭2017〜あしたに響け ゆめのうた〜」が、町ホールに約400人を集めて開かれた。
 コンサートは、えりかさんの夫で駐日ベネズエラボリバル共和国大使のセイコウ・イシカワ氏のあいさつで開幕。一部は、女声アンサンブル「ならい」の合唱、碓井俊樹さんのピアノ演奏に続き、えりかさんが独唱した。二部は浅沼宏雄さん、石井秀さんが八丈太鼓や島の民謡を披露。モーリス・レイナさん(クアトロ)、牧野翔さん(マラカス)、吉澤陽子さん(ハープ)らの演奏とえりかさんの歌で、心地よく響くベネズエラの民族音楽も紹介された。

 トークタイムでは、えりかさんがベネズエラのお国事情や現地の音楽、そして貧困や生い立ちに左右されず、すべての子どもたちに楽器と教育を無償で与え、生きる力を育てようという同国の音楽教育手法の「エル・システマ」についてスライドを交えて説明した。
 日本では東日本大震災の翌12年、エル・システマジャパン(代表・菊川穣さん)が設立され、現在、福島県相馬市、岩手県大槌町、そして、長野県駒ヶ根市などで活動が広がっている。登壇した菊川さんは「国や文化によって音楽教育の環境や方法は変わる。エル・システマも限定したスタイルはなく、まずは地域に音楽を楽しめる場をつくることが大切です」と、呼びかけた。
 三部はこの音楽祭に向けて結成された八丈少年少女合唱団のデビューステージ。指揮者・加藤洋朗さんの指導で、詩や曲を深く理解し、全身で音楽を楽しもうという思いが、歌声や表情から伝わり、会場からは大きな拍手がわき起こった。