kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318

 


第3670号  2017年(平成29年)1月27日 金曜日



● 地熱発電事業者 オリックスを選定 公募6者の二次審査で 地域貢献策で付帯条件も
    早い時期に説明会を 
    二次審査結果(参加A〜F 6事業者) 
    オリックス(選定事業者A)の提案内容(概要)
● 資源エネルギー庁 調達価格見直しの動きも
● 唐滝に氷の壁

● 旧測候所に議会難色 休館もやむなし 歴民移転問題 結論出ず 全員協議会
    町は「B案で」
    歴民移転 町議の意見は…
● ベネズエラのこともっと知ろう 三原小で国際理解教育授業
● 「自動車は日常の足…」 高齢者の事故防止対策論議
● 雪の武道始め
● 16年八丈島警察署管内 交通事故と犯罪

● 永郷アロエ園、登龍峠から 水平線にぽっかり 富士山!
    「浮き富士」も確認
     幻の観光メニュー
● 八丈島の未来って?  沖山賢吾さん B
    超利己的に生きてこそ
● 2月16日から 確定申告スタート
    
● エンディングは出演団体勢揃い  文化フェス
● 島民大学講座 移住、起業、島の未来… 講師は海士町の阿部裕志氏
● 木場氏のもと自主トレ 金崎選手らJリーガー
● 28日、元代表らクリニック開催
● やたけ杯7人制ソサイチで
● 八丈サッカーリーグ部員数減少し…
● 地域おこし協力隊 2月1日から募集
● 三原中 黄八丈 着付け体験
● 南海俳壇 八丈俳句会(一月例会)

●たんしん
    八高美術部校外展 2月3日〜10日、町民ギャラリーで
    各小学校学芸会 5日、各校体育館で
    八高園芸科発表会 7日、同校実習棟農業基礎実習室で
    P連作品展 11日、12日、三原中体育館で
    第105回樫立住民総会・樫立自治会総会が11日、樫立公民館で
    八丈太鼓ワークショップ参加者募集
    第49回八丈島卓球大会(団体戦)参加者募集




 
 

永郷アロエ園、登龍峠から 

水平線にぽっかり 富士山!

 

 17日午前11時2分、永郷の大越アロエ園から撮影した富士山。水平線に白い頂上付近だけが浮かぶ。左には大型船が見える。右側の影はアロエの花。八丈島からの富士山展望は、障害物がなく富士山が見通せる場所なら、理論上は海抜約50メートル以上なら見えるとされているが、今回の写真で標高約90メートルから見えることが証明できた。

 

 

 

 17日は登龍峠展望台からも見ることができた。上空の鳥が写っている(正午過ぎ撮影)。

 写真は上下とも富士山の陰影がよく見えるように調整加工したもの。

 

 

 これまで八丈富士の鉢巻道路(標高約580メートル、富士山までの距離約263キロ)や、三原山山頂(同=701メートル、271キロ)など、標高の高い場所から駿河の富士山を撮影した写真はあったが、低気圧が通過したあとの17日、大越アロエ園と、登龍峠からも、水平線に浮かぶ富士山の頂上付近を撮影することができた。

 17日午前、ふれあい牧場で作業をしていた町職員の沖山正秀さんから「富士山が見えるよ」との連絡が南海タイムス社にあった。記者が富士牧野の北側、遊ケ平に行くと、水平線に伊豆半島の山並みの上に雪をかぶった白い富士山がくっきりと見えた。向かって右方向の御蔵島、三宅島は目の前に大きく迫るほどの眺望で、底土港を出た橘丸が白い波をあげて、御蔵方向に向かっているのが確認できた。
 鉢巻道路からの富士山はこれまでも写真に撮られており、14年12月には富士山よりさらに30キロ遠くにある南アルプスも写っていたことが、山岳展望研究家の田代博さん、吉野宏さんの解析により判明している(南海タイムス3644号=16年1月1日に詳報)。

 

 遊ケ平から、富士山が見えることを確認しながら、町道の永郷富士山線を徐々に下りていったところ、途中の展望台や大越園地(アロエ園)、大越鼻灯台横の公衆トイレ屋上(標高約90メートル)からも、富士山を確認、撮影することができた。
 写真を解析したところ、見る場所が海面に近いため、富士山の両側の裾野が水平線近くで逆方向に切れ込んで宙に浮いたようになる珍しい現象「浮き富士」(蜃気楼の一種)の姿を、とらえることができた。
 さらに、登龍峠展望台(標高310メートル、距離269キロ)からも撮影にチャレンジ。肉眼では、富士山の方向の水平線上に、ぼんやり白い三角が浮かぶような感覚で、明確に輪郭を確認できたわけではないが、写真には富士山が写っていることがわかった。 

 八丈島からの富士山眺望は冬場でもよほど空気が澄んでいなければ難しく、島民でもあまり目視の経験はない。条件さえ整えば、わざわざ鉢巻道路や三原山の山頂まで行かなくても、永郷や登龍峠から見えることがわかり、今後は冬場の観光の幻のメニュー的存在としても活用できそうだ。

 

×


 

なお、17日には、富士山から308キロ離れた福島県の飯舘村と川俣町にある花塚山(918メートル)から富士山をとらえた最北端からの写真が、展望シミュレーションでも証明されことが報じられ、話題になった。