kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318

 


第3668号  2017年(平成29年)1月1日 日曜日



● 現代も高い評価  『廻船安乗録』著した服部義高
  大自然と素手で
● 長さ24bの大型船 流人船の絵と俳句 古地図に御船屋形
● 初の「小島生まれ」期待 八丈小島・鳥打のクロアシアホウドリ
● アーサー・ビナードさんが語る ディランの詩ヤングの意味
  毎日がきみのはじまりの日♪
● 詩人絵本作家 翻訳家 木坂涼さんが語る 世界の絵本の話
● 雨ニモマケズ 英訳 「85年前の日本は現代とは別の国」
● この世界で新しいのはみなさんの知らない歴史 原爆投下命じたトルーマン大統領の名言
● 民主的な体制に役立っている憲法が 言葉のまやかしでつぶされていく
● 学校変革で地方創生
● 隠岐島前高校魅力化プロジェクトの仕掛け人 藤岡慎二氏 町総合教育会議でプレゼン 
● 八高生版議会開催 「もう一歩突っ込んで」 千葉校長が講評 
● 環境調和型生存術 ヒゲクジラから学ぼう 東京海洋大学加藤教授らが講演「鯨の世界」
  個体識別でクジラの由来を調査 
● 南原沖で12月21日  ザトウクジラの親子 ?
● 八丈島の未来って?  沖山賢吾さん @
  「えっ、八丈ってヤバい!」 これって出会い系サイト もうプロ、アマは関係ない
● 鶏、翔ける。
● 暖かかった年末 クリスマスイベントも☆ 空港でも
● 頌春句 八丈俳句会
● 新春の行事
  第49回新春サッカー大会(田中界治杯争奪)が元日〜3日、南原スポーツ公園で
  消防団出初式が4日9時30分から、富士中校庭で
  八丈町成人祝賀式が5日10時30分から町ホールで
  各地域武道会による鏡開き
  第36回八丈島パブリックロードレースは8日
  島ことばカルタ大会が9日9時30分から、大賀郷公民館で
  為朝凧あげ大会が14日10時から、三原中校庭で
  八丈島警察署の武道始式が15日13時から、八高武道場で
● 12月定例会 町職員給与、期末手当アップ 特別職・議員のボーナス0.1カ月増
● 大型宿泊施設の固定資産税軽減5年延長
● 「地方議員に厚生年金を」 議運 上程せず 町村議会議長会から意見書提出の要請
● 離島センター 人材育成基金助成事業募集
● 15` 超え 巨大ヤマイモ
●たんしん
  第11回八丈島歴史セミナー(『八丈実記』を読む会主催)参加者募集
  第39回八丈島駅伝大会(同実行委員会主催)は2月26日に開催。
     申し込み期間は1月7日〜28日
  第3回ラージボール卓球大会結果
  第55回棋羅名人戦結果



 
 

現代も高い評価 

『廻船安乗録』著した服部義高

 

「みゆるしの船いさみあり夕涼み」の俳句と絵(東京都公文書館蔵の『八丈実記』に所収)

御船屋形2棟と御船上げ場が描かれている1846(弘化3)年の「村別古地図」(歴史民俗資料館

 

大自然と素手で


 

 江戸時代、幕府の所有船(御用船)は、八丈島からは年貢の黄八丈を江戸へ運び、江戸からは買い入れの穀物や雑貨などを持ち帰っていた。御用船を預かり、その運営を委ねられていた役が「御船預かり」だった。樫立村の服部義高はそのひとりで、1700年代の末から12年余り、江戸‐八丈島間の航海に従事し、『廻船安乗録』という名著を残した。この本は、1810(文化7)年に江戸日本橋の東都書肆から発刊された。
 この服部義高の著書『廻船安乗録』を、近世小笠原諸島史の研究家、浦川和男氏は、次のように高く評価している(『廻船安乗録新釈』)。
 「近代科学の恩恵に包まれた現代の内航船と違って、素手で海という大自然とがっちりと取り組んできた船員魂による心意気が、文面のあちこちに燦然としてきらめいている」
 浦川氏は、服部の自然と共に生きるという理念、人事を尽くして天命を待つという合理精神、旺盛な実証精神を称賛した。そして、「このような船の船頭自身の著書は漂流記を除けば極めてまれであり、しかも体験を通じての海難防止策の著述となれば、貴重この上ないものである」「原書は、簡潔明瞭な文体で、その行間に江戸時代の風俗の匂いが満ち溢れている」などと記している。
 服部義高の著書から、平成の世の人たちに時代を超えた切り口で海難防止を考えてもらおうと、浦川氏は同書を現代語に意訳し、95年に『廻船安乗録新釈』として、日本海難防止協会の機関誌『海と安全』に6回にわたって執筆した。
 『廻船安乗録』の原文は翻刻され、海事関係古文書の集大成『海事史料叢書』(昭和4年、成山道書店刊)に収録されており、この本でも服部は「著書を通じて観るのに、相当に学問をし、本も読んだ人である」と評されている。なお、服部は、八丈島の地誌『八丈裁衣織』の著者でもある。


 元海上保安庁職員で、5年前に逝去した浦川氏の『廻船安乗録新釈』は、日本海難防止協会の許可を得て紹介しています。