kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318

 


第3650号  2016年(平成28年)3月25日 金曜日


● 航空運賃特別委 報告書で提言 利用者増 推進組織を 法、制度での運賃値下げ困難
    乏しい「島民の危機感」 シンポアンケート結果から
● 25回議論重ねた航空運賃特別委 10カ月間の活動振り返って
    各委員の感想
● ANAシステム障害 八丈路線も欠航
● 春の光の中、フリージアまつり 4月3日まで 今年は順調に開花!

● 島民大学●池内紀氏 日本とドイツ @ 難民と原発
    シリア・中東難民 100万人受け入れ
    倫理で決着 電光石火の原発全廃
    日本の判断は経済と効率で
● 産業祭 共進会 365点出品
● 島しょ農水センター農業部門研究発表
    Gアイランドが収量、収益とも最多
    パッション下垂式で作業の疲労軽減
    12月貯蔵のレモン 冷蔵で7月まで

● エネルギーを考えよう <2>
    加速する自然エネ100% 海外のベスト政策を調査 
      阪大院生 松村悠子さんに聞く 研究テーマは離島のエネルギー転換
        将来を見すえると必要な政策 
        太陽光、太陽熱を空撮で推進
        全世界で28地域が100%を達成
● 日本文学を英訳 翻訳コンクールで優秀賞 マルチリンガル皆本飛鳥さん 
    出身はNY・母は八丈島 
      「涙売り」「床屋嫌いのパンセ」を翻訳
● 南海俳壇 八丈俳句会(三月例会)

● 木場克己氏 八丈島スポーツ親善大使に 多くのアスリート招き、島で体幹トレ指導
    18日、島嶼会館で委嘱式
      09年から自主トレ
● 大学・短大へ4割 就職は17人 うち島内3人 八高卒業生の進路
    専門学校は第一志望
    進路の手引き作成
    15年度進学先大学一覧 
● 八高で 八丈の伝統・文化を学習 地域住民が講師 郷土文化のワークショップ
    
● たんしん 
     八丈島熱中小学校オープンスクール 26日13時30分から、商工会研修室で
     フリージアインフィオラータ 4月2、3両日、町ホールで
               町民ギャラリーで島めしフェスタも実施(10時〜17時)
     6日に小学校、7日に中学校と八高定時制、8日に同校全日制で入学式
     春の全国交通安全運動 6日〜15日。
                パレード 10日9時30分末吉をスタート、三根小に正午ごろ到着
     15年度HJBカップ結果
     三鷹市役所サッカー部の18人が11〜13日に来島。島民とフットサルの交流試合を実施。
     大田区のミッキーSCの26人が12、13日に来島。島内小学生チームと交流戦を行い、SCが4勝。
     八丈島テニスクラブ冬季テニス大会結果
   
    

 

 

木場克己氏 八丈島スポーツ親善大使に

多くのアスリート招き、島で体幹トレ指導



18日、島嶼会館の委嘱式で、木場氏(左)と山下町長


 

18日、島嶼会館で委嘱式

 

 伊・インテルに所属する長友佑都をはじめ、数多くの世界的なアスリートから信頼を集める木場克己トレーナーが、八丈島スポーツ親善大使に就任した。3月18日、島嶼会館で委嘱式=写真=が開かれ、山下町長から委嘱状が手渡された。木場氏は八丈島を「東京にあるスポーツの島」として対外的にアピールしていく上でキーパーソン的存在。町では島のスポーツ振興や合宿誘致への変わらぬ協力を要請した。

 木場氏は09年から、八丈島をスポーツトレーニングの指導場所として活用。例年、年明けには各チームのキャンプインを前にJリーガーやなでしこの選手が来島し、体幹トレーニングや走り込みなどの自主トレを行っている。  木場氏がトレーニング場所に選んだ永郷の都道の坂道は、世界の舞台へ駆け上がっていった長友選手の活躍を讃えて「長友ロード」と命名。昨年は道路脇に記念碑も建立され、島を訪れるスポーツファンが立ち寄る名所になっている。

 また、昨年2月には明治・早稲田両大学のサッカー部が木場氏の指導による八丈島合同合宿を初めて実施。関東大学サッカー一部リーグで早稲田が優勝、明治が準優勝と好成績を収めた。今年も合宿は継続され、他チームから注目を集めるている。

 島でのトレーニングの合間には、アスリートと共に島の子どもたちのためのスポーツ教室や、幅広い年齢層を対象にした健康増進の講座なども行っており、島民のスポーツ力向上や健康づくりにおいても大きな役割を担っている。  大使の活動内容は、これまで同様に、スポーツトレーニングで選手と共に来島してもらいながら、八丈島の魅力を発信してもらう。また、「八丈島スポーツ親善大使」の名刺も作成し、配布を依頼した。

 委嘱式では、木場さんとつながるきっかけとなり、八丈でのトレーニングに尽力してきた八丈島サッカー協会の大脇進事務局長にも感謝の意が伝えられた。