kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318

 
第3637号  2015年(平成27年)9月11日 金曜日


● 現職 山下町長 無投票で再選 「未来への躍進」掲げ2期目へ
    関心は三役人事に
● 重み増す政党の支持 地域色薄れる町長選
● 「道半ばの事業に結果を」 町長、2期目に向け政策表明 9月定例会
● 長友ロードに記念碑 坂道の先に見える夢を目指して
    長友選手からのメッセージ

● 硫化水素濃度 公募の基準示す 新地熱発電所建設で都と町  
    排出口で0.6ppm以下なら 居住域で0.006ppm以下
    住民から意見聴取 協定でルール遵守取り決め
● サンフレッチェ八丈島優勝 レインボーカップ2015
● 那覇で方言・危機言語サミット 文化庁が協議会発足
● 8月来島者微増

● 5年ぶり本戦勝利 離島甲子園 八丈選抜
● 詩人 アーサー・ビナードさんが講演
    憲法は権力のブレーキ装置  概念が根付いていない日本  BS11で日本人探訪
● 第4回島婚 星空の下 12組がカップル成立

● 海外から2太鼓ツアー 日常に息づく八丈太鼓に感動
    豪メルボルンから和太鼓巡るツアー
    八丈太鼓を訪ねて世界6カ国から!
● 特別委 10月7日に 航空運賃シンポ
    島民割引の試算も
● たんしん あびの実「一日冒険遊び場」が19日、10時〜14時、垂戸海岸キャンプ場で
       「すこぶる八高祭」がスローガンの八高祭の一般公開は20日9時〜15時
       秋の全国交通安全運動は、21日から30日までの10日間実施
       第12回収穫祭が、26日9時から三根・和泉体験農場で
       第33回タコスカップ結果
     



長友ロードに記念碑

坂道の先に見える夢を目指して

除幕式の最後に出席者全員で記念撮影

 

碑には長友選手のサインと「意志あるところに道あり」の言葉が刻まれている

 

 

 永郷道路のホテルリードパークリゾート付近の都道緑地帯に、イタリア・インテルに所属する日本代表の長友佑都選手の記念碑が建立された。レインボーカップが開かれた6日午後、関係者による除幕式が行われた。建立された碑から北側に続く都道の坂が、通称「長友ロード」。08年以降、長友選手をはじめ、これまでに25人の男女プロサッカー選手が、年明けにこの坂でトレーニングを行い、シーズンに臨んだ。
 除幕式では、長友ロードの産みの親である木場克己トレーナーが、「15%程の傾斜で、約250b。これを10本走ると、心肺機能や筋力強化に最適。八丈島での自主トレを経て、キャンプに参加することで走力がつき、体のキレがよくなった。海外に比べ、日本選手はフィジカルが弱く、ここでのトレーニングが今後も注目されると思う」とあいさつした。
 山下町長、三宅正彦都議らは、この坂が今後観光名所になることを期待し、スポーツ合宿誘致に向けて屋内練習場の早期実現を目指すことをあいさつで約束した。
 台座の上に乗った碑は高さが、長友選手の身長にちなんで170a。隣りに立って長友氏の身長を感じてもらい、背が低くても世界のトップで活躍できることを実感してもらいたいとの思いを込めた。
 碑の建立は八丈島建設業協会の全面協力で実現。八丈島サッカー協会に寄贈された。


 長友選手からのメッセージ


 自分がトレーニングしたこの坂道に自分の名がつくとは思いませんでした。凄く光栄なことですし、感動的なことです。僕は走力では誰にも負けない自信があります。この坂道で誰よりもハードなトレーニングをやってきたことが自分の自信になっています。長友ロードをつくるために携わったすべてのみなさまに感謝しています。坂道の先に見える僕の夢を目指して、どんな辛いときも、苦しいときもあきらめず、夢を追いかけていきます