kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318

 
第3635号  2015年(平成27年)8月14日 金曜日


● 町長選まで1ヶ月 無投票の可能性も
    人口と来島者数は…
● スマホアプリで島案内 「ココシル八丈島」試験導入
● 7月の来島者微減
● ようやく大型客船
● 外国人客呼ぶには 魅力発信とサポート体制
● 今年もミュンヘン日本祭で

● 航空路を守る B 搭乗率保証制度 のと里山空港 目標搭乗率 12年連続達成
    誘客は県、地元の利用促進は市・町で
    地域住民の交流拠点となる空港
● 視点 プラス1万人当時より高い運賃
● 海自最大の艦艇「いずも」が底土沖に停泊 隊員が休暇で上陸

● 戦後70年 <7>  富国強兵で戦争に明けくれ… 維新以後、日本は14回派兵
    日本近代史を振り返るとヒロシマが浮かび上がる 加納実紀代さんに聞く
    明治維新の実像に光
● 次世代に伝える島の記憶と魅力 22日第5回八丈島フォーラム
● 『もし戦争になるなら』  29日アーサー・ビナードさん講演

● 町議会臨時会 
    7月の大雨災害復旧費など補正
    樫立中之郷線と町営住宅の契約
    1平方メートル当たり57万円
● 傍聴者から期待込めての苦言も 航空運賃特別委
● 宮内和宏新支庁長着任
● 底土護岸延伸で巨大ケーソン設置
● 4年目の福八夏合宿 参加した子どもに八高進学希望者も
● 愛らんどリーグ 大島マリンズV
● かぶつに優秀賞
● たんしん 大賀郷護神山大神宮例祭が21日9時から
       タコスカップサーフィン大会が29、30両日、汐間海岸で
       第69回八丈島民大学講座9月5、6両日、七島信用組合2階ホールで
       映画会『出口のない海』が6日10時から、町ホールで
       八丈島卓球連盟ジュニアクラブ遠征結果
      

 


外国人客呼ぶには 魅力発信とサポート体制

南原で浜遊びを楽しむ一行

 

 

 

 今後、八丈島を訪れる外国人の増加が予想され、外国語版パンフレットや外国語を話せる人材の育成など、受け入れ対策が求められる。この夏、ニュージーランドから関根早苗さん夫妻とその親戚、友人ら6人が八丈島を訪問。八丈島の感想や、外国人受け入れの課題などを聞いた。 早苗さんはカンタス航空のフライトアテンダントで、今回は通訳としても旅をアシスト。「私のほかはニュージーランド人4人、アメリカ人1人でしたが、まずはお世話をしていただいた島の方の親切と温かさに感動しています。夏まつりでは八丈太鼓を、浜遊びではオナガの刺身を堪能しました。海に囲まれ、自然豊かな八丈島をとても気に入っていました」という。  外国人観光客の日本での訪問先となると、東京や京都などを巡る「ゴールデンルート」に集中しがち。来島した5人も「八丈のことは知らなかったし、早苗さんの縁がなければ、例え来日していても、八丈の情報にアクセスできなかったのでは」と話していた。  また、「日本を訪れた外国人がオプションで八丈へ来られるパックをつくるべき」「今回は通訳してもらえたので問題はなかったが、宿やインフォメーションに英語が話せる人がいないと困る。案内板やパンフがすべて英語表記になっている必要はない」「八丈は知られた観光地ではないレアなスポット。ここへ来たことは自慢できる」「ありがちなリゾートのような開発には意味がない。素朴でいて、豊かな自然をゆっくり楽しめる滞在が魅力」など、思い思いに外国人として八丈島を旅した感想を話していた。


 



今年もミュンヘン日本祭で

 

 

 

 バイエルン独日協会、ミュンヘン日本人会、在ミュンヘン日本国総領事館が共同開催する「第20回ミュンヘン日本祭」(7月18、19日)に、ふるさと観光大使の石井秀さんと花柳歌七郎さんが昨年に続き2年連続で招待された。  18日の前夜祭と19日の日本祭の特設ステージで八丈太鼓や日本舞踊、踊りと太鼓の掛け合いなど、日本の芸能を披露し、観衆の喝采を浴びた。八丈太鼓の体験コーナーも希望者が多く大盛況。各ブースでは八丈島のパンフレットを配布するなど、遠い異国で八丈島の文化と観光の紹介に一役買った。