kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3613号  2014年(平成26年)9月12日 金曜日


● 町議選まで1ヶ月 18人が立候補!? 新5、元1、現12 定数14
  現職2氏が引退
  視点 投票率80% 維持は?
● 集団的自衛権行使の閣議決定 反対の意見書否決 町議会
  意見書の内容は…
● 来島者数減少続く 8月は2177人減


● 高らかに応援歌! レインボーカップ
● 「八丈富士麓に大きな樹林帯があった」再溶融の溶岩樹型を調査 火山洞窟学会の本多会長  
● ポットホールを町天然記念物に 観光協会が申請
● 写真投稿 ふくしまっ子のジャンプ!

● 管理型最終処分場 供用開始からまもなく2年 「住民」と「一組」信頼関係の構築から
  情報公開、説明会の開催を 議会、町の積極的関与要望
● ラテンのリズム堪能 JAZZフェス
● 島コン第3弾 10カップル誕生 過去2回で5組がゴール!
● 息は長〜くはいて 千葉麗子さんのかぞくでヨガ!

● 07〜11年の八丈町 結婚168件 離婚115件 高い離婚率 全国1.98<八丈2.76
● 車いす6台寄贈 とびよ会が病院に

● 惜敗!八丈島選抜 離島甲子園
● 自家用機で香港から釣客
● たんしん NHK総合の「キッチンが走る!〜八丈島探検 旬の食材で絶品中華!」は12日に放送
       第10回ユニバーサルキャンプin八丈島が13〜15日、底土野営場などで
       富士中・大賀郷中学校運動会、三原中体育祭が14日9時から、各校校庭で

       末吉と大賀郷の敬老会が15日、各公民館で
       タコスカップサーフィン大会が20、21両日、汐間海岸で
       第11回収穫祭が、20日9時から三根・和泉体験農場で
       6団体共催の認知症を考える講演会が20日13時30分〜16時15分、保健福祉センターで
       地熱館企画展「生き物に学ぶECO技術」が、20日14時30分〜、21日10時〜
       秋の全国交通安全運動は、21日から30日まで
       八高祭の一般公開は21日9時〜15時
       八丈島再生可能エネルギー利用拡大検討地熱住民説明会が22日19時から中之郷公民館で
       清水あすかさんの個展「雨を標本する。」が26日〜30日、豊島区のブックギャラリーポポタムで

 

 

「八丈富士麓に大きな樹林帯があった」
再溶融の溶岩樹型を調査 火山洞窟学会の本多会長




溶岩樹型の二次生成物を調査する本多さん。溶岩の液滴が筋にな
っており、空洞の天井部から流れた側壁部にあたることがわかる


床部に堆積した溶岩の液滴。ナメクジが重なりあっているように見える









 火山洞窟学会の立原弘さん(当時会長)の調査で、世界的に珍しい溶岩樹型の二次生成物が八丈島に存在していることがわかったのは4年前の09年。今年6月に同学会会長に就任した本多力(ほんだ・つとむ)さんが8月28、29両日、この調査で来島した。。

 流れてきた溶岩が樹木を囲んだまま固まり、木が鋳型として溶岩流の中に残ったものを溶岩樹型という。一般に小さな木は樹型を作る前に燃え尽きてしまうが、本多さんは今回、坂下地域の数カ所で大きいものでは直径30aの溶岩樹型を確認した。溶岩に包まれた木が乾留されてガスを発生すると、溶岩樹型の周り(上または横)に空洞が形成される。ガスの燃焼により内壁が再溶融すると、空洞内部の天井からは溶岩の液滴が落下し、床部に堆積した液滴はナメクジが重なり合ったような形状になる。壁には天井部から流れた溶岩の筋が作り出される。
 こうして空洞内部で再溶融した溶岩樹型は、三根片瀬地区(富士登山道入口付近)で発見され、いまも高橋建設に保管されている。本多さんはこれらを見て「富士山のもの以上にすばらしい。八丈富士の麓には大きな樹林帯があった証」と語った。

 流体力学が専門の理学博士である本多さんは、八丈島で形成された溶岩樹型の再溶融によって形成された溶岩の液滴の半径や長さを計測=写真。落下した液滴の形状がほぼ同じになる現象は「表面張力が関与していることが考えられる」として、落下の条件を数式で示した。それによると、八丈島で作られた二次生成物の溶岩の液滴は、半径が0・25a、長さが4a、表面張力は980ダイン毎a(dyne/cm)で落下した。「生成物形成の理論的裏付けも行うことができた」としている。