kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3604号  2014年(平成26年)5月23日 金曜日

森のドングリが消えた 受難続くスダジイの森〈上〉
  タマバエ シイの花芽 虫こぶ化 2000年頃から南部の島で大発生 
  生態系にも影響  
  回復の兆しも…  
● 観光協会総会 財務健全化 職員も確保 安定した事務局運営体制に
  新船効果、航空運賃値上げで相殺

● 八丈支庁管内東京都事業のつづき 
  「工事平準化し、予算執行を」 建設業協会が要望
● 都離島振興計画の実現へ向け エイト・ブルービジョン発表「おじゃりやれ 住みよけ島 でーじけ島」
● 島の状況 大きく変貌 人口減、産業衰退、後継者不足 策定の背景
● 小笠原媒島でアホウドリのひな 確認されれば戦後初
                                             
● Happy! music @ 近くなった”生の音楽” ギタリストの町職員 佐藤光昭さん
  八丈でジャズライブ 14夜を重ねて…
● 憲法のいろいろ G 伊豆諸島は宝の山!!〈最終回〉 榎澤幸広氏

● 八丈町の20〜39歳女性人口 2010年632人→2040年192人 日本創世会議人口推計 30年間で7割減
  八丈含む7町村が「消滅の恐れ」  
  人口移動半分でも…  
● 快晴 涼風 歩こう会に270人 来年がラストウォーク?
● かめりあ丸 八丈へ最後の運航 6月21日「橘丸」お披露目会
● 写真投稿 14年度八高卒業生激励会を終えて
● 南海俳壇 5月例会

● たんしん NPO法人八丈島ロベの会・生活支援のびのび主催の精神保健福祉学習会
        「震災やトラウマを乗り越えるために必要なもの」が24日10時30分〜12時、やまんばハウスで
        ちょんこめ草取りボランティアデーが25日9時から。雨天順延。
        第11回田植え体験(八丈島田園空間整備運営委員会主催)が31日9時から、和泉体験農場で
       

      

     

 

 

八丈でジャズライブ 14夜を重ねて…
近くなった生の音楽=@







5月4日、ポットホールで佐藤光昭さん(ギター)と福本純也さん(ピアノ)





  八丈在住のギタリスト、佐藤光昭さん(28)がピアニストの福本純也さん(34)をはじめ、多くのミュージシャンを招いて開いてきた八丈島でのライブジャズの夜≠ヘ5月4日、14夜≠重ねた。ライブはバンドの形態で表情が変わり、スイングやボサノバ、サルサ、ブルースと多彩。今回は福本さんとのデュオでスタンダード曲が中心となり、来場したジャズファンを魅了した。

                    ♪

 島にいて、さまざまな音楽の生演奏を楽しめるようになったのは、2011年の夏にライブハウス「ポットホール」(オーナー・佐藤謙さん)が生まれたことも大きいが、日常的にジャズの生演奏を行い、他のミュージシャンがライブを開きやすいように道を開いた佐藤光昭さんの存在も大きい。
 「八丈島はお客さんがたくさん来てくれるので特別な場所。反応も都内より温かいのは土地柄なのでしょう。楽しく演奏ができます」と福本さん。「ライブを継続できているのは、お越しいただいているみなさまのご支援のたまものと感じています」と佐藤さん。常連客のひとりは「ふたりはノッてくると、アドリブがいい」と話す。「今まで触れる機会が少なかったので」と毎回楽しみにしている人もいる。音楽の島・八丈≠盛り上げている佐藤さんたちに向けるファンの視線は温かい。