kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3586号  2013年(平成25年)12月6日 金曜日


● 開催要綱めぐり住民代表委員 「情報公開が大切」──稼働後初、処分場運営協議会開く
  電気探査で漏水検知実験も
● 埋立率、9月末までに4%

● 「事業者を決める前に地域でやりたいことを」──地熱開発理科促進関連事業で勉強会開く


● 避難路1本 弱者対応は… 洞輪沢地区住民
  末吉自治会で不安の声

● 法改正で家賃負担増加 住宅から退去も──坂上の過疎化に拍車
  町、裁量範囲で条件緩和
● 利島村長選 無投票で──前田
福夫氏当選
● 第18期子どもの本の学校──「紙芝居は魔法の劇場」
  絵本・紙芝居作家 やべみつのりさんが講演
● イルミ輝く季節に!

● 方言シンポジウム 方言には地域文化が深く刻まれている 土地の人が百科事典的辞書作りを
  「標準語引きで」と提言──かりまたしげひさ琉球大教授

● 10年と12年 小中高校生の使用実態追跡調査──語彙の知識は増え、使用減る
  町教委 八丈方言4年半の取り組み報告
● 島の空を飛ぶ 各島の風や特徴を熟知して

● ─未来に伝えたい物語─『八丈ショメ節』が「わたし遺産」対象に
● 市川の女性刺殺 容疑者、八丈へ──報道陣 続々と
● 11月来島者329人増
● たんしん 第28回浅葉杯八丈島全島卓球大会 7,8日 三根小体育館
       横嶺山満願寺薬師堂例大祭 8日 11時 境内
       八丈檜会発表会 8日 13時〜 多目的ホール「おじゃれ」
       映画「リアル〜完全なる首長竜の日〜」 18日発売


イルミ輝く季節に!


今年もいよいよ師走。
島内のあちこちでイルミネーションの光輝く季節になった。


電動式のトナカイやサンタクロースも登場し、住民の目を楽しませている。


避難路1本 弱者対応は…
洞輪沢地区住民 末吉自治会で不安の声



 第41回末吉自治会定期総会が11月23日、末吉公民館に住民69人が出席して行われた。役員改選では2月に急逝した沖山清人前会長の代理として自治会運営にあたってきた丹下智夫副会長が新会長に就任した。丹下会長は「地域の課題は過疎化、少子化への不安。この夏に試験的に合宿を受け入れた旧末小校舎は、来年に向けてトイレとシャワー施設の整備を町にお願いしている。どのような有効活用の手段があるか、今後も地域で考えていきたい」と語った。
 行政との対話では、台風26号で大島に多大な被害があったことを受けて、防災対策について問う声が多かった。
 その一つが、毎年要望が出る洞輪沢や末吉〜中之郷間のドコモ携帯電話の不感地帯解消。企画財政課の笹本博仁課長補佐は「ドコモが通じないため、基地局整備を要望しているが、具体的な計画はないと聞いている。ソフトバンクは通じる」と、進展がないことを明らかにした。
 末吉で10月5日に行われた防災訓練については、「洞輪沢以外の地区の振興委員には連絡がなかった。末吉全体を対象にすべきではなかったか」「避難路が都道1本しかない。崩落などで通行できなくなったらどうするのか」「洞輪沢には避難が困難で訓練に参加していない高齢者も多くいたが、どう対応するのか。汐間のサーファーなどへはどう知らせるのか」の声もあった。
 山越整総務課長は「災害想定では八丈島に最短20〜30分で、高さ17メートルの津波が来るとされている。ここ3年間の防災訓練は、津波警報が出たら、海岸近くに住む人が基本的に自力で海抜30メートルの高さまで逃げてもらう目的でやってきた。災害弱者への対応は、これから段階的にやっていく。サーフィンやダイビング、海水浴客などに知らせる方法も課題の一つだ」と説明した。
 避難路が都道1本しかない点については「洞輪沢への都道はのり面、背後地の整備強化を行っているが、ハード面と共に避難方法などソフト的な対応も必要」と答えた。