kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3581号  2013年(平成25年)10月25日 金曜日


● 大島で国内歴代1位の豪雨 土石流で死者・不明44人──未明まで6時間556.5ミリ
● 八丈島の日降水量 観測史上1位は… 1941年の438.9ミリ

● 土砂災害防止法の警戒区域指定 伊豆諸島は未調査
● 国交省のHPで公開 土砂災害危険箇所
● 八丈島でも屋根や壁が…

● 「風圧、音で眠れなかった」台風26号──八丈島にも深い爪痕
  31日に塩害調査
● 八丈町も町長、副町長共に不在
  催しの延期、中止も
  町、義援金募る
● 都税滞納対策強化でタイヤロック導入──早めの納税相談呼びかけ
  給水停止措置も
● 岡山城の宇喜多フェスで樫立踊り 総勢21人で八丈島をアピール
● 南海俳壇

● 島民大学講座 首都大・森本博行教授の経営戦略論──戦わずして勝つために競争のない事業環境を
八丈島の観光戦略──学習や体験に重点置く誘致
  『雑学の要素を』
● 写真投稿 百歳以上10人に

● 台風後の珍客 アカオネッタイチョウ保護──疲れ癒し放鳥成功!
● 人工芝の新コートでテニス大会
● 学童部タイムス杯 三根J圧勝
● 武道大会に124人──団体は大賀郷がW優勝
● 裏庭にニョキ──巨大キノコ オニフスベ
● 28日、再生エネ会議
● 全日空ダイヤ変更
● 拝殿の屋根も 大神宮例祭
● たんしん 都指定文化財「八丈島民政資料」の展示公開 28日〜11月11日(11日午前中は休み) 支庁展示ホール
       島内3小学校の運動会 11月3日 各学校校庭
       小原流八丈支部花展 26日、27日 中止
       第4回24時間チャレンジ八丈太鼓 26、27日 中止




 台風26号 八丈でも深い爪痕
島内でも屋根や壁が…




大賀郷のビアガーデン「南国」を営む北条さんの自宅の屋根が飛ばされている様子。



屋根が飛び、道をふさいでしまう。



八重根漁港の海岸防潮堤1スパン(高さ6m長さ10m,重量158トン)も倒される。





 大島に甚大な被害をもたらした台風26号。八丈島にも15日深夜から16日未明にかけて接近し、強風や高波が大きな爪痕を残した。
 八丈島は、台風の暴風警戒域に入った15日深夜から強い風が吹き荒れた。「風の音がすごく、風圧で家が壊されないかと、眠れなかった」など、久しぶりの大型台風接近に恐怖を覚えた人も多かったようだ。
 台風の影響で停電も島内全域で発生。地域によっては停電後まもなく自動で復旧したところもあったが、本格復旧は早いところで午前10時頃、すべての地域で電力が回復したのは午後3時23分だった。
 住宅周辺や道路などで多くの倒木があり、あちこちで家屋や建造物、街灯などの損壊も見られた。
 町が21日午後5時までにまとめた被害状況によると、一般住宅は全壊が1棟、半壊12棟、一部損壊75棟。倉庫などの建造物も全壊4棟、一部損壊が32棟あった。
 被害のほとんどが強風によるもの。屋根や軒下、壁が飛ばされたり、壊れた住宅、建造物が多かった。特に2階建てなどの高い木造の建物や、古くなった倉庫や作業小屋などに被害が目立った。
 港湾では八重根漁港の海岸防潮堤の1スパン(高さ6m×長さ10m、重量158t)が倒壊したのをはじめ、各港湾漁港の施設や、一部の漁船にも被害があった。藍ヶ江港ではカヌー1隻が流出した。
 農業関係の被害は島内全域に及んだ。多くの施設で被覆資材がはがれたり、防風ネットが破損するなどの被害があった。中之郷えこ・あぐりまーとの展示温室や地熱温室の天窓、壁の部材などにも被害があった。
 台風による雨が15日55mm、16日に29・5mmと少なかったことから、南西からの強風を受けた大賀郷側を中心に、ロベなどの園芸植物、イモ類・アシタバなど野菜の塩害や傷みが大きくなるものとみられる。
 町や農協など、関係機関では台風27号通過後の今月31日に詳しい調査を予定している。