kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3580号  2013年(平成25年)10月11日 金曜日


● 国体公開競技 高校野球軟式─鹿児島工業 初出場初優勝
  白熱の9試合、スタンドから歓声

  大会成功 自信と期待に
  今後の展開に注目
● 粘りモットーに頂点 2度の延長、逆転、最後は完封で

● 島民大学講座─首都大・鈴木毅彦教授の火山学
  陸上部分だけで見ると火山体を過小評価することになる
  伊豆の島の色は白と黒、八丈は混在
  北西と南東から圧力…中央に側火山
  日本最大の噴火は9万年前
● 地熱館で企画展─写真家・宮武健仁さんが講演
  「ハザードマップ作成を」パニック起こさないために

● 初戦を終えて…監督と主将に聞きました
● 大場真沙也さん 100メートル、幅跳びで2年連続新
  第53回 八丈管内中学校陸上競技記録会上位入賞者
● 「徒歩の避難は困難…」 洞輪沢で防災避難訓練

● 強かった町役場フットサル部─第6回レインボーカップ
● 「美文字」に注目─教室文化祭
● マウイマラソンで2位
● 議決した契約 三根小プール改修
● 温泉発電、観光牧場など─町議会 2版で長崎、群馬を視察
● 大里を現地踏査 歩道整備検討会で
たんしん 第74回学童部秋季野球大会「南海タイムス社杯」 14日 南原スポーツ公園
       第68回少年部秋季野球大会 26日 南原スポーツ公園
       八丈島福祉寺子屋第5回 19日 13時30分〜15時30分 デイサービス花
       三根・大神宮例祭 19日〜20日
       食育講演会「え!食べ方で長生きし、スポーツもうまくなる…」
                         20日 13時30分〜 保健福祉センター
       山下芙美子 黄八丈展─染の技 織の華 24日〜29日 銀座ミキモトホール
             同時開催 黄八で銀座2013 27日15時〜
       小原流八丈支部花展「花と共に・明日へつなごう」 26日、27日 9時〜17時 大賀郷公民館
       第4回24時間チャレンジ八丈太鼓 26日 10時〜 えこ・あぐりまーと
       大賀郷中音楽会 27日 9時30分 多目的ホール「おじゃれ」
       あびの実第80回講演「タップダンスエンターテイメントショー」
                         27日 13時30〜 八高視聴覚ホール






 
  国体公開競技 高校野球軟式
鹿児島工業 初出場初優勝
白熱の全9試合、スタンドから歓声




晴れやかな笑顔で整列する鹿児島工ナイン。閉会式で。



決勝で戦った両チームが閉会式で整列。国旗などの貢納が行われ、大会は幕を閉じた。




 第68回国民体育大会「スポーツ祭東京2013」の公開競技・高等学校野球軟式が9月29日から10月2日まで、全国から10チーム160人の選手・監督らが出場して南原スポーツ公園野球場で行われた。大会を制したのは初出場の鹿児島工業だった。国体という公式行事で、過去にない規模の大会。町職員や関係団体、そして住民らの「成功させたい」という思いがひとつになり、選手や関係者からも高い評価を得て、無事に幕を閉じることができた。

 開会式は簡素化するとして実施せず、第1試合の前に八丈太鼓の演奏後、山下町長による始球式だけが行われた。

 大会を通して心配されたのが天候。台風接近などで、晴れたのは初日だけ。その後は、強い雨や風にも見舞われたが試合は予定通りに実施された。  大会は約50人の競技役員をはじめ、競技補助員、各県高野連からの視察・報道員など、総勢100人近くの関係者がサポートした。

 バックネット裏の常設席のほか、1、3塁のベンチ裏にも仮設の応援席が整備され、島内の野球ファンや小中高生、さらに各チームの地元応援団などで、全試合ともに盛り上がりを見せた。観客は快晴となった初日が901人で最も多く、4日間では延べ2800人が、選手のプレーに熱い声援を送った。

 野球場横の芝生広場では、大型テント(10M×10M)の下に一般休憩所(おもてなし広場)を設置。周辺にはドリンクやつみれ汁などのサービスコーナー、弁当引き替え所、食品の売店、受付・観光案内所、宅配便受け付けコーナー、さらに理学療法室などが設けられた。

 これらの各ブースは、漁協女性部や体育協会、商工会などのスタッフ、個人ボランティアが対応に当たった。また、駐車場の誘導などは町職員や体育協会が担当。八高生は野球部がボールボーイなどの専門的部分を、他の生徒も競技補助員として大会の運営をサポートした。