kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3545号  2012年(平成24年)12月7日 金曜日


● 国、都の明日を選択 師走のダブル選 16日投開票
  衆院選 比例に12政党
● 石原都政 継承? 見直し? 東京都知事選挙
● 町議会 動画配信へ 来年6月 手始めに一般質問から
● 夢伝 笑顔で満10歳
あしたの八丈島農業 地区座談会(中)生かそう 8千人の島内市場
 食の安全、自給率アップ、観光にも
女性会員が活発に発言 末吉自治会定期総会開く
● 震災復興記念貨幣のデザイン応募で 造幣局が末小児童に感謝状
● 早朝・残留保育の緩和措置延長を 園児の保護者ら要望
● 「かもめ管弦楽団」と「八高吹奏楽部」ふれあいトークコンサートでコラボ
● 流されて八丈島 コミック第3弾 島暮らし5年目に!
● A320機が4往復 年末年始の臨時便 全日空
● 11月の来島者 前年比100人増
● 声 水海山最終処分場の稼働に思う 大賀郷・菊池綾子さん
● 大フィーバー 演芸の秋 樫立地域で 中之郷地域で
● 八丈島支店を本店に統廃合 東京島しょ農協
● 雑音 ジョブズの名語録
● たんしん 9日 横嶺山・満願寺薬師堂の例大祭
● たんしん 15日 島嶼コミュニティ学会の2012年度第2回研究発表会



夢伝 笑顔で満10歳






バーッとダッシュ!



 今年で10回目を迎えた「八丈島夢伝」が11月25日、大潟浦園地を中心に行われ、島外からの45人、老人ホームの41人をはじめ、380人が参加した。

 大会提唱者の姥山寛代さん(ゆきわりそう代表)は「10年前、『なんだろうこのイベントは?』と、戸惑いがちだった参加者やスタッフも、今は満面の笑顔でこの催しを迎えている。自分の人生を自分で決め、ここまでやれるんだと認め、自信を付けてもらうのも大会の目的の一つ。歩いたり、バーッとダッシュしたり、車いすを押したりと、みんなが自由なスタイルで楽しんでいる。八丈島は子どもたちの力がすごいので、先が楽しみです」と、振り返る。

 大会実行委員長の増田明美さんは「『来年も元気で会いましょう』を合い言葉にあっという間の10年でした。島民の方、ちょんこめのみなさん、そして子どもたちがいつも温かく迎えてくれて、こたつのようなぬくもりを感じる大会です。これからも毎年おじゃまします」と約束した。