kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP
kiji110325kiji110318


第3521号  2012年(平成24年)5月4日 金曜日


● 見えてきた町新庁舎 3月末で進ちょく率23%
6月にも委員公募 文化ホール運営協
今年度末約19億円 町の基金残高
保育園の跡地利用は? 中之郷住民大会
● 連休前半3日間は曇り 快晴 そして雨
● モスクワ五輪幻の代表 森脇保彦氏ら招いて 19日、柔道指導者セミナー
● 八丈島では部分日食 5.21 日本南岸域で金環食
● 島民大学講座「分かち合い」の経済学(2) 地方財政審議会会長 神野直彦氏
  家族の「分かち合い」に限界があれば地域のコミュニティーで組織化を 「国民の家」という国家
● 食害警戒 シャクトリ、毛虫
  樫立で成虫が乱舞 ハスオビエダシャク 永郷付近で大量発生 クワゴマダラヒトリ
改正後の介護保険 後編 24時間サービスの導入は?
  「必要感じるが、現実は困難」 社協、養和会とも二の足
  課題はニーズ、スタッフ確保、採算性… 「島に適した在宅介護検討」
● 地熱館の管理運営支援など 町が都に要望活動
● 「團伊玖磨の心をうたう」20日、花のまち音楽会
● 海水変色域も 硫黄島周辺で火山活動活発化
● 4島ジュニアフットサル 小中とも八丈勢V
● 徳島から阿波おどり 神津島の阿波命神社で
● 声 オススメの「おはなし会」 田中由美子さん
● たんしん 20日 「東京都交響楽団プレミアムコンサート八丈島公演〜都響メンバーによる木管5重奏」
● たんしん 26、27日 島じまん2012
● 人事トピックス


見えてきた町新庁舎
3月末で進ちょく率23%



左は集会施設、右が庁舎棟


4月27日に撮影した役場庁舎建設現場


 昨年7月、施工事業者の竹中工務店が予定より約2カ月遅れで着手した八丈町の新庁舎建設工事。10カ月が過ぎた現在、地上部分の躯体工事が進められており、ようやく庁舎棟と集会施設の外観や規模がイメージできる段階にきた。

 町企画財政課の説明によれば、工事の進ちょく状況は3月末までに全工程の23%。3月議会でも説明が行われたが、工事の約2カ月遅れの状態は変わらないという。

 昨年の震災発生後は、さまざまな資材が不足するなどの事態も生じたが、ここへきて供給は安定し、毎週水曜日と日曜日には、貨物船で必要な資材が順調に搬入されている。現場で工期短縮の障害となっているのが雨の多い気象条件。コンクリートの打ち込み作業などが天候に左右され、なかなか計画通りに運んでいないという。

 これまでは、多い日で100人程度の大工、型枠工、鉄筋工などの作業員が現場で働いている。特に集会施設の工事は音響を考えた壁の構造が複雑で、特別な技能者も必要だ。この大型連休を境に東北や北海道からの作業員は地元での仕事が始まり、島の現場を離れる。そのため作業員の入れ替わりが多くなる時期だという。

 仕上げ・設備工事などが本格化する夏場はさらに作業員が増え、200人程度が現場に入ることになりそうだ。