kiji101112kiji101112
 
過去記事TOPTOP


第3463号  2010年(平成22年)11月19 日金曜日


● 汚泥処理料いくらに? 浄化槽は20年かけ整備へ 汚水処理推進協議会で意見聞く
● こんな図書館あったらいいな!(3)笹本薫さん
● 法人化めざす 年度内目標に 「実行委との一元化」今後議論に 八丈島観光協会
講演会「脳卒中は防げる!治せる!」 予防心がけ、初期症状に注意 山口武典氏 
「売り場拡張」でじっくりと 社協福祉バザー
● 島の夜照らすイルミネーション
● スダジイ被害状況空撮 都環境局が3島で 本格対策来年度以降?
● 20周年コンサート 八丈混声合唱団 11/28「団伊玖磨の世界」も
● 爆笑八丈島寄席 脱力ネタから力ワザまで
● 写真投稿 三根会27年度卒業生 古希を祝う会
● たんしん 浅葉克己杯八丈島全島卓球大会

● たんしん 八丈島夢伝
● たんしん 樫立三島神社例祭 樫立地域演芸大会
● たんしん 末吉自治会第38回定期総会

● たんしん NHK総合首都圏ネットワーク 26日放送 三根小「島言葉を使った演劇」
● たんしん 中之郷三島神社例大祭 演芸大会
● たんしん 水海山処分場の集い
● たんしん トーク&ふれあいコンサート
● たんしん アイランダー2010


脱力ネタから力ワザまで
爆笑 八丈島寄席








 東京都島しょ地区芸術文化振興事業の「八丈島寄席」(東京都・八丈町教育委員会主催)が13日夜、八高視聴覚ホールで開催され、落語、粋曲、曲独楽など、前座から真打ちまで6人がプロの芸を披露し、会場を笑いで包み込んだ。
 出演は落語が前座・春風亭吉好のほか、二つ目・柳家さん弥「寄合酒」、真打・古今亭志ん馬「時そば」、同・三遊亭笑遊「片棒」の演目。このほか、三味線の粋曲を柳家紫文、江戸曲独楽の名人芸をやなぎ南玉が披露した。
 ライブでも人気なのが紫文師匠の「長谷川平蔵」シリーズ。渋い三味線と共に「火付け盗賊改めの長谷川平蔵がいつものように両国橋のたもとを歩いていると…」で始まる繰り返し芸で、脱力系のネタをつないで会場をわかせた。
 トリは笑遊師匠の十八番「片棒」。大旦那が店を継ぐ後継者を選ぶために、三人の息子に「自分の葬式をどのようにするか」を語らせて、その商才を見極めようという噺だ。とにかく、大きな声と身体全体を激しく使ったパフォーマンスは、観客をグイグイと笑いの世界に引き込んでいく力ワザ。客席も師匠と一緒に汗をかいて笑った。写真上は三遊亭笑遊師匠、下は柳家紫文師匠