過去記事TOPTOP


第3456号  2010年(平成22年)9月17日金曜日


● 炎天続き 植物受難 8月中旬からの雨量 31日間で6.5ミリ
● 八丈は10万本 ナラ枯れのスダジイ 都が発表
● 朝、昼便 B3機に 全日空定期便 機材変更 A320機 赤字路線補助対象外で 航空貨物輸送半減
● 私債権管理 明確化 八丈町債権管理条例制定
● 現金320万円消える 町立八丈病院で 09年度企業決算報告で明らかに
● 最後の定例会終え 選挙へ
汐間海岸にサメ! 防災無線で注意呼びかけ
PK戦で 3連覇ボンベイロ 初制覇アブキ団 八丈島レインボーカップ2010 盛り上げた!松木さん浅利さん
● 伊豆諸島をやさしく解説 元小中学校長・樋口秀司さん編著
● 島外から127人参加 ユニボンで交流
● 恒例の遠泳に挑戦 坂下の小6
● 島チャリなど視察 豊島区観光協会
● 末吉灯台一般公開 海保が10月3日 5日、巡視船公開
● 南海俳壇 八丈俳句会(九月例会)
● たんしん 「空の日」イベント
● たんしん 演歌歌手・美希かおりさんの新曲「明日葉ノ唄」
● たんしん 八高祭「らぶずっきゅん華麗なる八幸祭」
● たんしん 家族介護者教室「ケアケア交流講座」
● たんしん 八丈島ロケのTV放映 「いきなり!黄金伝説。3時間スペシャル」(テレ朝系、9月30日19時放映)
● たんしん 収穫祭
● たんしん 第50回八丈管内中学校陸上競技記録会



PK戦で 3連覇ボンベイロ 初制覇アブキ団
八丈島 RAINBOW CUP 2010













 第3回『八丈島RAINBOW CUP 2010フットサル大会』(同実行委主催)が11、12両日、一般、レディース、オーバー45の各カテゴリーに19チーム、総勢233人(島外選手・応援137人、島内選手・スタッフ・八高サッカー部96人)が参加し、南原スポーツ公園で開催された。「残暑」を超える容赦ない陽ざしが降りそそぐなか、一般とレディースの覇者はともにPK戦で決着という、文字通りの熱闘に。一般は、ボンベイロがチームレインボーを破り3連覇を達成。レディースは初出場のアブキ団が優勝。オーバー45はアダルトレインボーが2連覇を飾った。
                  ◎
 2グループに分かれて予選リーグを闘い、ボンベイロ、チームレインボー、マンチェスターU太、FC鬼球の4チームが決勝トーナメントに進出した一般の部。決勝は過去2大会でともに優勝、準優勝の成績を残すボンベイロとチームレインボーの対戦となった。
 試合は、互いに一歩も譲らない白熱した攻防からボンベイロが先制したが、後半残り2分にチームレインボーが追いつき、PK戦による決着に。冷静着実にPKを決めたボンベイロが闘いを制し、3連覇を達成した。MVPに輝いたボンベイロの監督兼GK・井美達也さんは「3連覇したらもう遠慮すればという声もあり、呼ばれないと来れませんが…また来たい。八丈は最高!」と喜びの声。3位には過去2大会とも7位のマンチェスターU太が躍進した。
 5チームのリーグ戦で行われたレディースは、アブキ団と八丈ガールズが勝ち点、得失点差、得点で並んだため、PK戦を行って優勝チームを決めることに。直接対決で八丈ガールズを破っていたアブキ団がここでも勝利し初優勝を決めた。
 オーバー45は6チームによるリーグ戦。アダルトレインボーが地力の差を見せ、2連覇を達成した。同チームの谷田部裕敬さんは2年連続得点王。
                  ◎
 今年の初出場組は一般のブルーシャトー、ボレアスボーイズ、レディースのアブキ団、ボレアスレディースの4チーム。
 京都大サッカーサークルOBのブルーシャトーは、前回参加者の口コミで大会を知った。初日の夜、大勝組倉庫で開かれた恒例の懇親会では、「毎年こんな会を開いているのですか。来年も絶対に来たい」と吉村知晋さん。島料理に島焼酎が振る舞われ、八丈太鼓やフラを楽しんだ。
 皆勤参加のボレアス(都下水道局)は、友人チームのボーイズとレディースを引き連れ、3チーム26人の大所帯。レディースは「去年も来たのですが、女子のチームを組めず残念だった」と、2年越しの念願叶っての出場。
                  ◎
「300杯ほどは出てますよ」──あまりの猛暑に大会2日目にはかき氷のサービスも。いつも参加者から聞かれるのがスタッフの熱心さ、こまやかな配慮への感謝の声。今大会を支えたスタッフは、社会人と八高サッカー部のボランティア53人。
                  ◎
 大会結果は次の通り。

 【一般】1位=ボンベイロ(東京消防庁)、2位=チームレインボー、3位=マンチェスターU太(明海大歯学部)、4位=FC鬼球、5位=ブルーシャトー(京都大サッカーサークルOB)、6位=ボレアスボーイズ、7位=ボレアス(都下水道局)、8位=きりんぐみ(三宅島)▽MVP=井美達也(ボンベイロ)▽得点王(7点)=佐藤貴宏(同)
 【レディース】1位=アブキ団、2位=八丈ガールズ、3位=八丈レディース、4位=エンジョイ、5位=ボレアスレディース▽MVP=加藤恵麻(アブキ団)▽得点王(6点)=菊池風花(八丈ガールズ)
 【オーバー45】1位=アダルトレインボー、2位=八丈坂上FC、3位=スターダスト、4位=八丈坂下FC、5位=スターライト、6位=秋川高校OB▽MVP=松木安太郎(アダルトレインボー)▽得点王(17点)=谷田部裕敬(同)
                  ◎
□写真1=偉業達成のボンベイロ。
□写真2=レディース優勝のアブキ団は、『浮き球ベース』での来島経験者とその仲間が結成。東京から3人、三宅と八丈から各1人というメンバー構成だ。「私はヘボですが」という加藤恵麻さん(右端)は東京の強豪『カフリンガ』のメンバーで、MVPを受賞。得点王は地元八丈ガールズの菊池風花さんが獲得した。
□写真3=名誉副大会長の川平慈英さんが都合で参加できなかったため、サッカー解説者の松木安太郎さん(左)が代役でゲスト参加。「八丈は初めてだが、スタッフが熱心で集まった人たちも素晴らしく、ここに来られて幸せな思い。今回でお役ご免かも知れないが、できれば来年も参加したい」と話していた。松木さんは、監督としてチームレインボーを率い、選手としてはオーバー45の優勝に貢献しMVPに。そして懇親会でも、根っからの飾らない人柄で、昼夜にわたり大会を盛り上げた。
 昨年現役を引退した元Jリーガーで、現在FC東京広報部の浅利悟さん(右)も、初日にゲスト参加。八高サッカー部の指導や、きりんぐみの助っ人として試合に出場するなど、フル回転の活躍だった。
□写真4=脇本昌樹さん・晴奈さん夫妻(左)は、第1回大会を通じて知り合い、今年の七夕に入籍。大会初のカップル成立を祝し、奥山秀人実行委員長から『東京─八丈島・ペア往復航空券』が贈られた。