過去記事TOPTOP
kiji100205


第3434号  2010年(平成22年)3月5日金曜日


水道料金11.6%値上げ!? 町企業課? 町企業課、3月議会に上程
● 小さなつぶやきだって集まれば… ツイッターで観光情報発信 観光協会「チーム8joプロジェクト」
● 津波警戒 八重根沖に漁船避難
● 最終処分場建設工事入札 五洋建設JVが安値入札 調査基準価格下回り保留 一組が積算調査へ
● 都農水センター研究成果発表会

● ソロ演奏の楽しみも 重厚に かろやかに 八高音楽会
● 2月の雨史上2位
● 話題の本をプロデュース「ザ・ブック」代表取締役 山下隆夫さんに聞く「ぼくらは農業で幸せに生きる」
シリーズ 海士町はこんな島(2)ヒントは現場に 産業創出、人口増対策
津波警報でコース変更 40チーム激走 八丈島駅伝 警戒出動などで4チーム棄権
● 少年武宰士ものがたり 風雲編(3)  手記:谷田部啓一さん

● 「長生きの秘訣は悪いことをしないこと」 まっすぐに100歳! 末吉・沖山明治郎さん
● 夕方まで警戒続く 津波発生 洞輪沢では目視で70〜80センチ
● 法務局出張所 15日で閉鎖 島の住民サービスまた一歩後退
● 一次募集で73人 八丈高校入学者選抜
● 短信 第22回フィッシングチャレンジカップ
● 短信 第4回八丈島ものしり検定
● 短信 第15回ちょんこめまつり
● 短信 第52回白浜会ゴルフコンペ結果






まっすぐに100歳! 末吉・沖山明治郎さん





「長生きの秘訣は悪いことをしないこと」

 「長生きの秘訣は悪いことをしないこと。腹八分目でよけいに食べないことですが、今日は祝いの宴席ですから、いっぱい飲んで、食べてください」。27日、末小体育館で行われた沖山明治郎さんの100歳の誕生日を祝う会で、司会の沖山慶孝前副町長から長寿の秘訣について聞かれた明治郎さんは背筋をまっすぐに伸ばし、よどみなく答えた。

 1910(明治43)年2月26日生まれ。1歳の時に家族で南大東島へ移住。1923(大正12)年に八丈島へ戻った。
 14歳で漁師になった。戦後になると八丈島の漁業はテングサ、トビウオの豊漁で黄金期を迎えた。島で最初にディーゼルエンジンを船に積んだのも明治郎さんだ。温厚な人柄で人望が厚く、86(昭和61)年から八丈島漁協の組合長を務めた。漁業一筋、八丈の海と共に1世紀を生きてきた。

 祝う会には、親戚や関係者など、約160人が出席した。鎌倉在住の弟・春雄さん(97)をはじめ、高齢の兄弟も各地から飛行機に乗ってかけつけた。父親が95歳まで生きたという長寿の血筋、みんな元気だ。
 明治郎さんは各テーブルをまわり、笑顔でお酌して歩いた。「最近は100歳の長寿者は珍しくなくなったが、男で一人暮らし、これだけ元気な100歳はいない。末吉だけではなく、八丈島の宝もの。明治郎おじにあやかって健康に長生きしたいもんだ」と、祝いの杯を受けた出席者も喜んでいた。

 会場正面の大きな垂れ幕には「祝百歳万歳無量寿」の文字。「よこしまなことが大嫌いな明治郎さんにちなんで縦て書きにした」という。かつての持ち船・福壽丸のフナダマを務めた天野あずささんとあすかさん(代理)をはじめ、多くの人から花束やレイが贈られた




 

<