写真資料室


島内医療の歴史



 江戸時代、八丈島には常に2〜3人の流人医師がいましたが、明治になると、流人が赦免されたため、島常駐の医師を望む声が高まります。その結果、明治13年から医師の招へい(雇い入れ)が始まり、5カ村時代は村医制、町合併後は村立病院が診療所として引き継がれ、1966年(昭和41年)に総合病院の町立八丈病院が設立され、現在に至っています。


三根村立病院 三根村立病院

大正5年に開設された三根村立病院。昭和30年からは町立の三根診療所に。

大賀郷村立病院
大賀郷村立病院

昭和8年、今は姿を消した水田の横(旧七島信用組合近く)に開設された大賀郷村立病院。


町立末吉診療所
戦後、末吉医院を利用して開設された町立末吉診療所。 

▲上の写真はいずれも総合病院(町立八丈病院)開設前にあった診療所です。写真資料として掲載しました。
 1955年(昭和30年)に八丈町が誕生したとき、町は三根、大賀郷、樫立伝染病隔離病舎、末吉医院の4診療所を開設し、各村村医を委嘱しました。樫立診療所は、昭和37年に三原診療所開所とともに閉鎖となっています。戦後は、開業医も多く、大賀郷には村井診療所、三根には徳重医院、佐藤医院があったほか、中之郷にも開業医がいました。(現在、村井診療所は2代目の村井勇二医師に引き継がれています)



 1998年に新築された現在の町立八丈病院は、明るく広く、快適な施設です(写真は近くアップ)。ヘリカル(らせん型)CTの設備と、人工透析機器8台、屋内外にリハビリ施設も備えています。

 外来患者の診療室は、内科診療室(同手術室)、外科診療室(同手術室)、産婦人科診療室、小児科診療室(特別診療室)、整形外科診療室、理学療法室、多目的診療室、救急処置室、X線TV室、CT室、一般撮影室です。離島の悲願ともいえるのが、医療設備といわれていますが、八丈島がこうした医療設備を持つにいたるまでの関係者の苦労は、南海タイムス紙上にも記録されています。その紙面の一部も、紹介していく予定です。


HOME写真資料室TOP