南海タイムス記事を検索
WWW を検索

 発行所:南海タイムス社
 
2009年以前の情報
定期購読の案内
広告掲載について
お問い合わせ


第3714号 2018年(平成30年)11月23日 金曜日

記事詳細は日付をクリック


遠くリトアニアから爽やかな風
VIVA VOCE
フレンドシップコンサート



 リトアニアの現首都ビィリュニスにあるドヴァリョナス音楽学校(1948年創立)は生徒数2000人、教員数230人が在籍する同国最大の規模をほこる。欧州各国で活躍する音楽家を数多く輩出している。





 


 1970年に結成された合唱団「ヴィヴァ ヴォーチェ」は、11歳〜18歳の生徒150人が所属。国内外で数多くのコンサートを開催し、高い評価を受けている。特に98年から今回も同行したライモンダス・カティナス氏とヴェルギニア・カティニネ氏の2人が指揮・指導者に就任してから、その評価は益々高まっている。
 近年、在リトアニア日本大使館との友好関係が緊密になり、昨年12月に行われた同大使館での日本国祝賀行事にゲスト出演したのを受け、日本ツアーの話が現実的になったという。

 


 

● 土砂災害警戒区域 今年度中に指定 「危険箇所 認識を」 地権者の斜面対策義務はない 
● 18日に行われた宇喜多秀家鎮魂祭 岡山市長、瀬戸内市長が参列 笑顔で「ひょん」「はー」「ほー」!
   ゆかりの5寺 住職が読経 秀家が結ぶ岡山、石川との絆
● 生きている声 響かせて 「VIVA VOCE」によるフレンドシップコンサート
   遠くリトアニアから爽やかな風 ドヴァリョナス音楽学校の生徒34人
   「温かな島 人も海も」「泳いだ生徒も」
● 浅葉杯卓球大会   韓国 中国 リトアニアからも参戦  ピンポン外交ますます盛ん!
   卓球の面白さ やっと一般の人も気づいた
● 最終処分場運営協議会開く 埋め立て6年で約10% 供用期間どうする?  処分場が土砂災害警戒区域に
   一般的な供用期間は15年 埋め立て終了後も求められる遮水シートの耐久性
● 共に生きる未来へ 歌おう!  12月9日に第九コンサート ちょんこめ会発足30周年で   
● ヤトトン取り込め! 八丈島芸能文化祭開く
● 巷の話題は ヤスデ  シーズン迎え局所的に発生 サソリモドキが天敵? カラスは死骸を掃除
● 樫立会が40周年   記念品は酒と復刻古書
● 南海俳壇 八丈俳句会(十一月例会)
● たんしん 
   伊豆諸島ウオークin八丈島 12月1日、町役場特設会場スタートゴールで
   東京弁護士会法友全期会の第43回八丈島法律相談会 1日、七島信用組合で
   八丈島ライオンズクラブ主催 第22回チャリティー・ディナーショー 5日、リードパークリゾート八丈島で
   大賀郷東里の薬師堂例大祭 9日、境内で
   フリーライブイベント「BAND A GOGO」 15日、ポットホールで
   八丈島テニスクラブシングルス大会結果
   少年野球学童部リーグ戦結果 大賀郷ファイターズ優勝

 


●1753年の南京船漂着  
八丈島に残った日中交流史

●八丈島、青ヶ島の宗教文化

●八丈島の始祖伝説 問われる真偽 
原本にない丹那婆伝説

●青ヶ島の天明噴火 残酷物語が一転

●神社旧跡改め 明治4年に


●清水あすかさん詩集「頭を残して放られる」
●少年武宰士ものがたり


●処分場の地層写真
●古い時代の八丈島の写真
●診療所から病院へ
●八丈島の2つの映画館

Copyright 2010 NANKAI TIMES INC.  当サイトに掲載の記事・写真等の無断転載を禁止します。